馬とカリカリ梅をこよなく愛するしださんが、芸大っぽい話とか制作の話云々を適当に書く所です。
welcome 馬と金魚の無駄話 !
プロフィール

シダックス

Author:シダックス
馬好きが金魚飼ったり観葉植物育てたりしながら芸大に通っています。

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- 月 -- 日 -- [ TOP ]
category : スポンサー広告 

大掃除
ここのところ、大掃除をしています。
制作やらなきゃなのにそっちのけ。

明日はついに、5年以上手をつけていなかった障子を貼りたいと思います。
はたしてうまくいきますでしょうか。


無惨にも穴開き放題だった障子ですが、近々お客様も見える予定ですので、そのままに捨て置く訳にも行かず、この度ついに年越し前に貼ることに。

この家で年越すのも最後ということで、引っ越しの前哨戦としてかなり色々整理しました。
で、出るわ出るわ、目も当てられないような落書きの数々。
(どういうものかはご想像におまかせします。)
なるべく見ないようにして、不透明の可燃ゴミの袋にぶちこみました。
再生紙にまわしたりはしません。
この世から抹消します。
早く炭素となって大地に帰れ。

しかしまだ更に痛々しいものが段ボール一箱分あるorz
時期としては中2か、、、、
今までは臭い物に蓋の戦法できたけれど、家を出ていく以上もうだめだ。
年金問題に着手せざるを得なくなった政治家ってこんな気持ちだったのかな。
段ボールごと焼却炉に入れて荼毘にふしたい。
それか、核融合炉につきおとしたら青く光ってきれい
なかったことにしたい。



あと、それ以外にも受験時代三年間描きたまってしまったデッサンと平面構成をどうしたものやら。
とりあえず、評価よかったり自分的に満足したものをピックアップ。

今見ると、欠点丸分かりです。
当時は何がよくないのか全然見えてこなくて、それもあって浪人していたわけだけど、今見たらぼけぼけすぎてまとまっていないじゃないですか。
当事者というか、渦中の人間って分からないことが多いですね。
今冷静に見れば、やるべきことが文字にしてリストアップできるぐらいはっきりしてるのに。

恥ずかしいのは、描いていた当時、自分は上手いと思っていたこと。
この世界では(どの世界でもか)、ある程度の自信とプライドを持っていないと周りから押しつぶされてしまうので、そんなに悪いことではないとは思いますが、しかし、この程度の画力やデッサン力で自分はてっぺんのグループにいると思い込んでいたんだから、周りから見たらそりゃあ滑稽でしたでしょう。

いくつかは、今みてもなかなかよくやったなと思えたので、それは私の歴史として残すことにします。
後は年表から抹消。
なかったことに、、、、、、

ま、ある程度の自信を持って芸大生やってたり就職活動したりができたのも、あのころ相当貯金したからかなと思います。
予備校の講師の誰だかだったか、今の日本の芸術は美術予備校が支えているって言ってたけど、本当にそうだと思う。
それがいいことか悪いことかは判断できないけど、予備校で追いつめられた経験があるのとないのでは、やっぱり差が出てくるんじゃないでしょうか。


そう信じたいね。
でないと私のながかった大学受験の意味がなくなっちゃうからね。

世の中には専門学校卒や独学のすばらしい作家さん達いっぱいいるから、私は大卒という部分で甘んじてはいけないけれど、それでも私のアイデンティティーは芸大であって、予備校のときの経験であることには変わりない。
ようやくスタートラインに立ったというところでしょうかね。


大掃除して、整理整頓するのは、気持ちに決着つける上でも重要みたいですね。
まだまったく終わってないけど。(寝るスペースだけは確保してます)
12 月 27 日 2009 [ TOP ]
category : 未分類  comment : 0  track back : 0

アバター見てきたよ
楽しみにしていた「アバター」
見てきました。

あまり先入観とかないまま見たかったので、CM程度しか前情報ないまま見ました。


見事なハリウッド映画でした。

映画というか、映像エンターテイメントですね。

おぁ~~~~~~~~
もうちょっとファンタジーな感じかと思ってた。
ビエラのCMで期待しすぎたー


かなり迫力満点な戦闘シーンが主体でした。
ずっと戦ってた。


侵略者を原住民が撃退する話でした。
ときどき、ラブロマンスがありました。


見事なまでの悪役がいて、逆に爽快。
化石みたいなキャラでした。

このご時世、ここまで立派に勧善懲悪が描けるなんて、、、
そして、これがマーケットで成功するなんて、、、、、




、、、、いいんだろうか、、、?



脚本は、だいたい「ダンス ウィズ ウルヴズ」で、
原住民のナヴィ族は、だいたいFFXのロンゾ族

十年かけてあっためた映画だそうで、、、、。


う~~~~~~~~~~ん

ま、見る側に色々な選択肢があることはいいことだし、こういうのがあってもいいのかな。
少ない予算で工夫しながら製作されてる名作もありつつ、豪快に金使ってCG盛りだくさんの映画もありつつ。


しかし、今回のはこれで脚本がもっとよかったら言うことないのに、
(あと、もっとお金かけずに効果的に表現できるところあったんじゃないか)
色々もったいないなあと思わせる作品でした。

あと長くて後半トイレ我慢しっぱなしできつかったです!

12 月 24 日 2009 [ TOP ]
category : 未分類  comment : 0  track back : 0

制作について
さっぱりブログ更新しなくて、友達から催促されてしまいました。
ということで、卒制について。

なんやかんやで、今年最後の学校となってしまった今日。
次にアトリエが使えるのは来年の5日から。
それまで家で作れってか。
やるけどね。
やらねばね。

今年のうちにと思って、記録用ですが作品の写真を撮りました。
すでに知っている方にはどうでもいい説明ですが、ランドスケープの模型です。

材料はスタイロフォームを土台にして茶色に着色した「天使の紙粘土」という粘土で表面をならし、その上に最近流行のフェルト羊毛を針でさくさく植え付けました。

IMG_4513.jpg


木は、やっぱりフェルト羊毛をころころしてマリモにしたものに細い杉材を刺してつくりました。
IMG_4518.jpg



だいぶデフォルメした表現だったので、当初、先生からだいぶ不安がられた木でしたが、こうしてみたら、まあ、許容範囲でしょうか。

あまり模型に使う素材ではないですが、模型そのものを魅力的にしないと卒展でスルーされてしまうので、それだけは勘弁なので、作り込んでみました。

手芸用の材料なので、この素材でこんなにでかいもの作ることはそうそうないんじゃないかな。
普通はもっとちっちゃいマスコットとかですよね。

で、これが何の模型かというと、「馬とくらす都市」をデーマに、都市を馬がくらせる環境に作り替えていこうという企画でして、この模型で作ったエリアは馬が生活をする場として作り替えた、東京は丸の内の北の丸公園です。

なので、厩舎があったりします。

IMG_4535.jpg

IMG_4514.jpg

馬用の橋なんかもあります。
IMG_4527.jpg


興味のある方はぜひ芸大の卒展へお越し下さい。
それまでには完成させます、プレゼンボードとか。

あと、展示中は馬の鳴き声とか聞こえるようにしますよ。



展示終わったら、お炊き上げですかね。


全く別の話で。
クッキー焼きました。

例の100円ショップでやたらかわいい型がうっていたものですから。
ハリネズミとリス。
ワイン飲んで朦朧としながらの制作でしたので、けっこう適当です。
しかも、食べてみると粉っぽかった。
まあ、手作りですので、ご愛嬌。
IMG_4540.jpg
12 月 23 日 2009 [ TOP ]
category : 未分類  comment : 0  track back : 0

すいっちょん!!
久しぶりにモンスターファームという言葉が話題に出てテンションが上がりました。

今の子供たちは知らないであろう名作。
TECMOのモンスターファーム。

PS版。
もちろんシリーズ第一作。
(それ以降は認めない)

今の子たちは、モンスターと言えばポケモンかモンハンでしょうが、もう一つ、忘れてはならないのがモンスターファーム。
特に略されることもなかったモンスターファームですよ。

私はやはりライガーが一番好きで、かなりやり込んだことを覚えています。
今見るとポリゴンひどいかと思いきや、ニコ動でプレイ画像見てもそんなにつらくない。

多分、ゲームって画質こんなんでも十分なんだと思う。
モンスター育てるのも楽しかったけど、バトルのシステムもなかなか凝っていてあきがこなかった。

モンスターの種類も豊富で、しかもけっこう映画とかのマニアックなパロディネタがあってセンスよかった。

探検もしましたね。
賢さを上げて遺跡の探索して、なかなか帰ってこなくてハラハラさせられました。
(その後へろへろになって帰ってきたり)
すいっちょん
遺跡に入り込むときの効果音が印象的。

面白いゲームって、いつまでも色あせないですねえ。

どういう訳か、2作目はたいしてやり込めなかったです。
ディノがいなくなってしまったことが衝撃だったのと、モッチーにたいして萌えなかったことが敗因でしょうか。

うちにあるCDを片っ端から引っ張りだして、モンスター再生させて、CDのケースと中身をばらんばらんにして母親に激怒されたことはいい思いでです。

できることならPSPかDSで初代をプレイしたいのですが、ちょっとずるをしないとできないみたいですね。

ただのDVD再生機と成り果てた我が家のPS2。

久しぶりに本来の役目として起動させてみましょうか。


でも、たしかモンスターファームのディスク、キズついてて再生できなかったような、、、、
しかも、最強データ(ずるっこして所持金MAX)紛失していたような、、、、、


ああ、でぶっちゃったライガーのお腹がなつかしい。


12 月 18 日 2009 [ TOP ]
category : 未分類  comment : 0  track back : 0

クリスマス
誕生日プレゼントにDSもらってしまいまして、もうそうしたらやる他ないじゃないですか。
ダビスタでせっせと2億円の借金返済をしています。

愛馬のルカ号が武蔵野ステークスを制してくれたおかげで、だいぶ返済が楽になりました。
でも、うちの生産馬じゃない。

慶応のOBさん主催のクリスマスパーティーに参加することになりまして、貧乏人がどうしましょうかとあせあせしております。
先日のつけまつげの一件も、発端はそこでした。

やべ、ネイルとかせにゃならんのではないかとか、大変です。

足りない物がありすぎる。
というか、もともと何も持ってなかった。

ネックレスもないし、時計もない。
リップもない、ネイルもない。
ストールもない、コートもない。
金もない。

私は今まで何に金使ってきたのでしょう。
あるものといえば、Macとその周辺機器や、ペンチやらのこぎりやらの工具。あまたの素材。
竹尾で買った紙とか、かさばりまくる図録や図鑑。
就職したら、まったくいらなくなるものばかり。

決して、物を持っていない訳ではないのに、何も持ってない。

春までにはスーツももう一着ほしい。


パーティーでプレゼント交換をするので、微妙な動きをみせるアルパカを購入。
ちょっと寂しかったので100円ショップで買ってきたリボンとオーナメントをあしらってみますた。

近所のダイソーにも奇麗な色のサテンのリボンがそろってて助かります。
オーナメントは柏のステモいある、かわいらしいアイテムのそろった100円ショップで購入。
新宿にもあるみたいなんですが、ナチュラルガーデンというお店で、柏に行ったときは必ずチェックするようにしています。いいものがあったら、その場でまとめ買いします。
100円ショップとは「出会い」です。
使う当てがなくても、いいと思ったらその場で買っておかないと、あとで後悔します。

さて、誰がこのアルパカを手にすることになるのでしょう。

一つ不安なのが、このアルパカ、ただでさえ前に重心がありすぎて不安定なのに、リボンとか陶器のオーナメントとか首につけて大丈夫なんだろうか?
パッケージあけられないからまだ確かめられないけど。

しーらねっ

クリスマスプレゼント
12 月 16 日 2009 [ TOP ]
category : 未分類  comment : 0  track back : 0

おわたー
彼氏から誕生日プレゼントということでDSiをいただきました。
牧場物語とセットです。

未だ卒制の制作が続く中、このタイミングはおわたです。

ポケモン買いたくてしょうがない。
ポニータ育てたくてしょうがない。

今月の出費パネェっす。
まず卒制の費用合計したら、10万の大台は軽く突破しました。
最終的に20万ぐらいなるかな。

で、彼氏の誕生日とクリスマスのプレゼントがあって、
謝恩会あるしー~ってなにやら買い込んだり、
つけまつげとか手をだしてみたり、
ストレス発散のために食費が跳ね上がったり。

春の引っ越しのときに、私は生活用品をそろえることができるのでしょうか。
洗濯機は乾燥機付でないとやばいぞ。

魚屋に久しぶりに顔出したら、暮れは当然来るんだろう的なノリでした。
辞めた人間に頼るのやめてくれ。
断るの苦手なんだから。

さて、今日はおにぎりの神様の怒りを鎮めるためのお祭りが教室で催される予定でしたが、いつの間にかお餅をおいしくいただくイベントになってしまいました。

せっかく下級生が準備してくれた忘年会にも顔を出さず、まったくひどい上級生です。
でも、会費の1500円がきつかったのです。
ongr

巷はどこも、おにぎりで盛り上がっているみたいですね。
12 月 14 日 2009 [ TOP ]
category : 未分類  comment : 0  track back : 0

リニューアル
頑張ってテンプレをいじってみました。
でも、テキストを解読したのは彼氏です。

もっといろいろやってみたいな。
12 月 13 日 2009 [ TOP ]
category : 未分類  comment : 0  track back : 0

つけま
新しいことに挑戦してみよう。

ブログに引き続き、つけまに挑戦してみました。


学校帰りにロリータまいまいときっこと共にABABへ。
生まれて初めてのABAB。
体力吸い取られました。

何一つ判断できないので、先生2人に買うものを丸投げ。
そのあと早速2人につけてもらいました。
かなりばしばしになったけど、まあ、いいかな。
馴れかな。
疲れた。

つけま
机の上のつけま



家に帰ってから自分でも挑戦しましたが、まあ、当然うまくいきませんので練習です。


なんとなく、アルパカにつけてみたらかわいかった。
つけまアルパカ
12 月 12 日 2009 [ TOP ]
category : 未分類  comment : 2  track back : 0

初めてのブログ
さてさてさて
初めてのブログを書いてみました。
どういう風のふきまわしか。
とりあえず、やってみたかっただけ。

マメに更新することもなかろうが、とりあえず大学の卒業まで頑張ってみようとおもいますです。


で、栄えある最初の記事は、昨日行った森美術館のことにでもしましょうか。

http://www.mori.art.museum/contents/medicine/index.html

今、医学と芸術展をやっています。
森美術館はいつもおもしろい企画出してきていいですね。

でも未だに美術館までの道迷うんですけど。

テーマがテーマなだけに色々過激(といってもまあ、こんなもんかってぐらいだけど)な作品もありましたが、現代作家のものと、昔の実際の医療器具とがいい感じにカオスになってて面白かったです。

実際に遺伝子を操作して、芸術作品として光るウサギを作ったというアーティストの展示があったけど、とても興味深かった。
ずいぶん前に、光るネズミが生まれたことは知っていたけど、光るウサギがアートとして誕生していたことは知らなかった。
彼を否定する意見、肯定する意見も色々だったけど、芸術が何か、医療が何かを本気で議論する場を作ったという意味は大きい。デュシャンの泉みたいなもんかな。

あの光るウサギの映像見たときに一番最初に思ったのは、漫画のナウシカの「たとえ造られた命であっても、生きているのはその命自身の力だ」という台詞(こんなんだったっけな)。
物語の最後で虚無と対峙するシーン。ナウシカがこう言い放って、人間再生のシナリオを断ち切ります。

ということで、
あの作品の意味は、私はその辺をとらえることにしました。

人間の悪ふざけで生まれちゃったけど、あのウサちゃんはそんなことどうでもいいんだろうな。
ちゃんとご飯食べて運動してうんこして、満足に生活して、お年頃になればお嫁さんかお婿さんか迎えられれば、それ以上言うことないからね。
お前はアワレな存在だと言い聞かせたところで、それを理解しないウサちゃんには天国も地獄もないのです。

まあ、ひとつ驚いたことといえば、この作品に対して私は興味をもったものの、ほとんど衝撃を受けなかったことでしょうか。
当然あるだろうなってぐらいで、たいして驚かなかったことが驚き。
そこまで私の感覚が麻痺してしまっているのか、単にあのウサちゃんの存在が驚くほどのものでもないということなのか。


これ以上書くと暴走しちゃいそうなので、これぐらいにしておきます。

展示はすごく面白かったから、必見ですよーーーーーーーん。
12 月 08 日 2009 [ TOP ]
category : 未分類  comment : 0  track back : 0

thema:ひとりごとのようなもの - genre:日記


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。