馬とカリカリ梅をこよなく愛するしださんが、芸大っぽい話とか制作の話云々を適当に書く所です。
welcome 馬と金魚の無駄話 !
プロフィール

シダックス

Author:シダックス
馬好きが金魚飼ったり観葉植物育てたりしながら芸大に通っています。

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- 月 -- 日 -- [ TOP ]
category : スポンサー広告 

秋田
秋田に遊びにいってきました。
父の実家が能代にあるものですから。

能代と言えば、バスケが有名ですね。
スラムダンクに登場する山王高校のモデルは実は能代の高校だとか。


久しぶりの秋田で、特になんも娯楽なんかない所なんで、写真とってプラプラするかーと散歩にでたのですが、本当に死ぬほど寒かったです。
関東ローム層の上でのほほんと育ってきた私ですので、雪はとても珍しいものですから、たくさん写真を撮っておきたかった。
でも、あまりの寒さに30分ぐらいで退散してきました。

しかし、東北の雪は美しいですね。
関東の雪は汚らしいです。
べちゃってしてるし、すぐ薄汚く色つくし。
ま、住んでる人から言わせたら迷惑以外の何もんでもないみたいですが。

IMG_5526--.jpg

IMG_5534--.jpg

IMG_5553--.jpg

観光に男鹿半島までいってきました。
天気がよくて気持ちのよい日で本当に良かった。
でも寒かった。。。。

IMG_5574--.jpg


そして、今回一番の勉強になった「なまはげ資料館」
伝統のなまはげを間近で実演してくれるというすばらしい場所です。
というか、すばらしいハコものです。

資料館の横に古い民家があって、どっからか移築してきたような立派な木造建てなのですが、そこで男鹿市に伝わるなまはげの実演を見ました。
凄まじい音をたてて障子や戸を開けてなまはげ登場。
子供泣く泣く。
ひとしきり騒いだら家の主にもてなしてもらいながら問答をする。

なまはげは鬼ではなく神様なので、山からずっと人々を見守ってくれているのだとか。
一年に一回おりてきて、その年を振り返り、よく過ごすことができたかを裁定します。

興味深かったのは、家の主はなまはげの指摘に対して、常に家族を弁護するということ。
こうやって問答にすることで、よかったこと悪かったこと、双方が浮き上がって見えてくるようでした。

もう一つは、どんなに時代が変わっていっても、なまはげの存在は人と共にあるということです。
「一番下の息子がゲームばっかりやってるようだども、去年ゲームは一時間だけだときめたはずではないが?」
というような件がありました。
とても現代風なやりとり。
でも、なまはげは介入している。
これは、正しく保存されている伝統ではなく、生きている伝統なのだと感じました。



じゃあ、来年も来るベさ!

といってなまはげは去っていきました。
(まあ、実演は毎日やってるから明日も来るんだろうけど。)

よき風習だなーと思いました。

IMG_5583--.jpg
(ぶれぶれだけど、一応写真)

手前のなまはげは、去る際に泣き叫ぶ子供に「ばいばい」って言っていて、すごく気さくななまはげでした。
スポンサーサイト
02 月 26 日 2010 [ TOP ]
category : 未分類  comment : 0  track back : 1














 

trackback URL
http://shidax1985.blog104.fc2.com/tb.php/15-74dbe191
trackback
管理人の承認後に表示されます
| | 2012.05.09 01:39 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。